ドライブインの看板

カウチポテトってしってます?そう、ソファーに座ってポテチ食ってコーラ飲んでフットボールの中継見て、究極のデブ社会へようこそ。夜食のピザはもちろんデリバリー。やつら全く動く気がないんですよ。

そんなアメリカ社会が生み出したのが”ドライブイン”

ドライブインて聞いて何を想像します?ファーストフードのドライブスルーじゃないですよ。

なんと車から映画を見るんです。

人並み外れた郊外に車を走らせると見えてくるのがドライブインスポット。

本来ならば何もない広場に軒並み車が止まっています。

車が列になって駐車

料金ははおおよそ6ドル~8ドル(700円)

そこでアメリカンサイズのコーラとポップコーンを買って車の中から見る。だってアメリカ人は動きたくないんですよ。

あたりが暗くなるといよいよ上映開始。

ドライブインのスクリーン

インターネット普及によりこういったドライブインタイプの映画上映が激減。そのなかでも今日来てくれたお客さんに感謝のメーッセージ。

来てくれてありがとう

本編開始。

映画本編

音声はFMラジオの仕組みを使います。カーステレオのチャンネルを指定の周波数に設定し音声を楽しみます。ここでボロいカーステレオの車で行くと悲惨なことに。

中には車内をフラットにして毛布にくるまって鑑賞するカップルたちも。とってもアメリカン。

上映が終わったらそのまま帰宅につく。

本気で映画を楽しみたいなら映画館で見るほうが映像も音もきれいだけど、満天の星空に囲まれながら雰囲気の中で見る映画は、このドライブインでしか味わえない。

広告