ナイアガラの滝
ナイアガラの滝

Niagara falls
ニューヨーク州の北西の外れにある世界遺産といえば、ナイアガラの滝。今回は生きてるうちに二回は行かなくてもいいけど、一回は絶対に行くべき自然遺産を紹介する。

アメリカサイドから見たカナディアンサイド
アメリカサイドから見たカナディアンサイド

よく、アメリカサイドからみるよりカナダサイドからの方が滝がきれいに見えると言われるが、本当にその通り。
絶対にカナダサイドから見ることをお勧めします。

これはアメリカサイドからの眺め
これはアメリカサイドからの眺め
これもアメリカサイドからの眺め
これもアメリカサイドからの眺め

いざ、滝壺の中に!
アメリカンサイド、カナディアンサイドのどちらからでもボートに乗ってナイアガラの滝の滝壺の中へと行くことができる。値段は$25くらいだったはず。 最初にチケットを買って、どんどん川の方に歩いて下に降りていきます。そうすると店員さんから青いビニールのポンチョを渡されるので、それを着ましょう。たまに着ないでも俺はヘーキだぜ!という強者に出会いますが、いきがってられるのは滝壺に行く前だけ。滝壺に近づいてくるともうものすごい音と水しぶき! ポンチョ着ないでいきがってた男はもう下着までびちょびちょで泣き散らかしています! ポンチョを着ててもびちょびちょになりますので決していい服を着て行かないように。あと靴!靴が特にびちょびちょになるので注意が必要。 でも滝壺の中からみるナイアガラの滝は感動! 決して逆らうことができない大自然のパワーに圧倒されます。人間とはなんて無力なんだ、と改めて思い知らされました。

これから滝壺に向かいます。
これから滝壺に向かいます。
ものすっごい音と水しぶき
ものすっごい音と水しぶき
これに乗って滝壺に行くんだよ。
これに乗って滝壺に行くんだよ。
びちょびちょのずぶ濡れです
びちょびちょのずぶ濡れです

おいしい情報
アメリカからカナダに行くときは必ずアルコールを持ち込もう! アメリカの酒屋さんで安いお酒を買ってカナダに持ち込んだ方が断然安い。ナイアガラの滝の周辺は観光地なのでカナダサイドではバーのお酒がかなり高い。ビール一杯$10くらい。(いや、もっと高いか?)ちなみにPBRはアメリカでは18本パックで$15くらい。
カナダに持ち込めるお酒の量は一人に付きビール12本、もしくはワインボトル1本、もしくはリキュール1本までだった気がします。

葉巻も、ね!
カナダサイドに行くともちろんアメリカではないので普通にキューバンシガーも買えます。アメリカとキューバは仲が悪いのでアメリカでは一切キューバ産の葉巻は買えません。またアメリカへの持ち込みも禁止されているのでついうっかり持ち込まないように。怒られるよ!

Night life in Canada!!
夜になってきたのでいよいよお目当てのナイトライフ!
カジノの近くにあるDoragon Flyというナイトクラブに足を運んでみました。クラブの中は雰囲気がよく、フリーとプライベートの両方の席がバランスよくは位置されていました。男二人で乗り込んでいきましたが行った時間が午前1時ごろと遅かったために完全にみんな出来上がっていました。ですので早い時間から行くことをおすすめします。笑
日本と違って海外の人々は出来上がるのが早い!カナダは特に早い!泣

朝だよ朝!
朝起きたらやっぱりいつもの男二人で目が覚めた。
顔を見合わせ、「また女の子のいない朝を迎えたね。なんで毎朝いつも隣で寝ているのはお前なんだ。」
などと愚痴をこぼしつつも朝食を済ませ、ホテルのプールへと足を運ぶ。
そして昼間からビールを片手にプールでのんびり。
What a life!!

ナイアガラの滝、是非皆さんも行ってみて下さい。一回は行く価値アリです!

飛び降りちゃった設定ね
飛び降りちゃった設定ね

是非!

広告