“Fuck pride. Pride only hurts, it never helps.”
“プライドなんてクソだ、ただ傷つくだけでなんの助けにもならない”

パルプフィクション (Pulp Fiction)という映画をご存知だろうか? 1994年のアカデミー賞で脚本賞、カンヌ国際映画祭ではパルム・ドール(最優秀作品賞)を受賞。
その他にも数多くの賞を受賞している作品だ。ミーハーと言われるかもしれないが、クエンティン・タランティーノの素晴らしい作品だと思う。 

映画は各自で観てもらうとして、今回は私がPulp Fictionの舞台となったロス郊外にあるPann’sというレストランに行ってきたのでそのレポートをしようと思う。

Helen Liu Fongが製作した有名な看板。
Helen Liu Fong氏が製作した有名な看板。

ロスの郊外WestchesterにあるPann’sは看板の大きなネオンサインも有名だ。
場所はこの辺

だいたいこの辺ね
だいたいこの辺ね

店内に入ると赤い皮のソファーと香ばしいコーヒーの香りが真っ先に私を迎えてくれた。

コーヒーの香りが最高
コーヒーの香りが最高

奥の方の店内が見渡せる席に座ると、ウェイトレスがすぐにコーヒーを持って来てくれた。

代名詞だね、もはや
代名詞だね、もはや

コーヒーは飲み放題、でも美味しい。

Coffee
Coffee

有名なお店なのにあまり混んでいない。
これが日本なら毎日3時間の行列だと思う。日本の人はなぜあれ程並ぶという忍耐を持っているのかが不思議だ。
まあそんなことは置いておいて食事の話しをしよう。

私はコブサラダとオムレツが大好きなのでその両方を注文した。
メニューはこんな感じ。価格帯も高い訳ではない。

デザインがかわいいメニュー
デザインがかわいいメニュー
豊富なメニューなこと
豊富なメニューなこと

友人とはkinda久しぶりの再会だったので話しが弾んだ。
ろくに話しをする間もなく料理が運ばれて来た。
これから言うことは大げさではない。決して大げさではないということを声を大にして言いたい。

どうしてこんなに美味しいのか
どうしてこんなに美味しいのか

ここのオムレツ、私が今まで色々な場所で経験したオムレツの美味しさを逸脱していた。

旨すぎる!!!

美味しいんだよ、でもオムレツにはかなわない
美味しいんだよ、でもオムレツにはかなわない

正直コブサラダも美味いがもっと美味いのを知っている、が、このオムレツだけは許せない。

なんなんだこのとろける大量のチーズは? 中のチキンは大きすぎないか!? タマゴ何個使ってるの?

もう、大満足ですよ。私の好きなハッシュポテトもカリカリで美味しいし。

Damnit,執筆中なのによだれが出てきた。え?下品だって?

細かいことは気にせずこのオムレツを食べろよ。よだれ出るから。

是非

広告