検索

mickelberryfixies

アメリカ : ヒップスター : カルチャー : ブログ

ヶ月

2月 2013

騒げ!お祭りじゃい!! 肥沃な火曜日ことマルディグラ(Mardi Gras)

マルディグラ
おっぱい

おっぱい、胸、おっぱい
一昨日はおっぱいが見れると話題のお祭り、マルディグラ(Mardi Gras)だった。
マルディグラ(Mardi Gras)とは、
カトリック教会などの西方キリスト教における四旬節の前に行われる祝賀である。アメリカ合衆国南部(ルイジアナ州全般、アラバマ州、テキサス州、フロリダ州など)や、カリブ海の多くの国、南アメリカ、ベルギーなどヨーロッパ各地で行われている。ニューオーリンズ(アメリカ合衆国)のニューオーリンズ・マルディグラが有名だが、今は宗教色は消えパレードや音楽が中心の祭りになっている。その規模は、リオのカーニバルと同じく世界の主要カーニバルのひとつに数えられる。
マルディグラの日を最終日とする11日間の祭りの間は、マルディグラ・カラーと呼ばれる紫・金・緑の三色に町中が染まる。紫は正義、金は権力、緑は運命の象徴である。フロートと呼ばれる巨大な山車(ダシ)から、マルディグラ・カラーのビーズを大量に投げ、それを人々が競って受け止める。
また、女性が胸をあらわにする風習もあり、毎年その様子を撮影しようとする人々が訪れることで街は経済的に成り立っている。
(From wikipedia)

男性目線でごめんなさい
どうだろうか、男性にとってこんなにわくわくするお祭りなんで他には無いのではないか?
私自身、今回は残念ながら参加出来なかったものの友人を通して楽しい話しを聞いたので今回記事にすることを決めた。
去年、作者自身がNY州のとある街でおこなられたマルディグラ(Mardi Gras)に参加した。
街が一丸となってのお祭り、全てのバーが協力しあい祭りを盛り上げる。
そうとうな人数が集まっており、道路は歩行者天国、そして大量の警官が厳重警備にあたっていた。

てろんてろん
このお祭りのチケットを$10くらいで購入するとプラスチックのビールグラスとマルディグラ・カラーのビーズのネックレスを貰うことが出来る。
このお祭りに参加しているバーに行き、$2くらいで貰ったカップにビールを注いで貰う。
飲む、飲む!、飲む!!
そしてマルディグラ・カラーのビーズのネックレスを女の子に渡す。この時、すんなり渡してはダメ。ちゃんと「おっぱい見せてくれたらネックレスあげる」と言わなければならないのだ!
これを言わないとただネックレスを盗られるだけである。どの女の子が一番ネックレスを集めたかというコンテストもある。景品はすごい豪華。景品がiPadとかはざらである。

マルディグラ
おっぱい見せて!

作者は大量のネックレスを事前に100円ショップで購入済み。
しかし、飲んで騒ぎすぎてもうてろんてろん。
知らぬ間にネクレスを盗られておっぱいどころの話しではなかった。
私の女性の友達もおっぱいを見せていたらしいが私は気がつかなかった。Damn it!!
飲み過ぎました
飲み過ぎました

これぞ海外体験では
この日は男性も女性もすごいオープンになる日。
こういった一見クレイジーなお祭りも、日本から出て初めて体感できるものであろう。
海外に住むことの一つのおいしい”出来事”である。
仲のよいフランス人女性の友達からメッセージがあった。

「来年は一緒にニューオーリンズのマルディグラ行こうね♥」

マルディグラ
ナイトクラブ

絶対に行くのである。

ScanSnapを買ったので業務用断裁機をためしてみた

断裁機
ついに念願だったScanSnapを手に入れました。

最近は燃料の高騰や航空会社の度重なる制度改定により手荷物に対するかなり厳しいものになっています。

とりあえず高い。

お気に入りの本などを持ち運ぼうとすると、ほんの購入代金以上に運搬費を取られてしまうことなどザラにあります。そんなこともあり、本の電子化、いわゆる「自炊」に挑戦してみました。スキャナPFUのiX500を購入しました。
ScanSnap iX500

しかし落とし穴がありました。当たり前ではありますが自炊には断裁機が必要であるということを。ScanSnapだけで予算を使い果たしてしまい断裁機は買えませんでした。なんとかならないものかと考えていると断裁機がありました。しかも業務用の!

家庭用の断裁機ではそのサイズ制約からなかなか分厚い本がきれませんでした。そこは業務用です。1300ページを超える本もラクラク断裁することができます。切られる本たち

一番上の本が約500ページで一番下に限っては約1400ページもあります。

切った本の破片

切り口もみごと。

文章だけではなかなか伝わりづらいと思いますので動画を載せました。

最初みたときは、少々恐怖感を覚えました。こいつにやられる。安全設計は一応なされていて両手を黄色いバーに置かないと歯が降りてこないようになっています。それでも事故する人は事故するみたいです。

機会がある人は使ってみてください。自炊生活が捗るはずです。

是非。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

稼働中 ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。